パパダッシュ!!

ionic
Angular
netlify
Firebase
個人制作
紹介プロダクトメインイメージ
紹介プロダクトメインイメージ
紹介プロダクトメインイメージ
担当範囲
企画 進行管理 UXデザイン UIデザイン コンテンツ作成 CSS設計 フロントエンド 運用保守
注目点
  • Firebaseを使いログイン機能を実装
  • ユーザーインタビューから仮説を立ててユーザーに認められる独自の解決手段を提案できた
  • UXデザイナとしての実績を評価できる成果物

当時の事はブログで記事にしています。
個人開発で家事・育児で悩む人向けのWebサービスパパダッシュを作ってみて

このアプリの概要

パパダッシュ!! は家事・育児に偏りがある人がヘルプを出すためのWebアプリです。

Twitterでリリース報告後、600RT,1000いいねほどの反応をもらいました。

ionicで作成しており、Web,iOS,Androidのマルチプラットフォームでリリースが可能です。
現在週末などに改善タスクを消化して、より良いものに成長させています。

作ることになったきっかけ

Twitterで家庭の不和というかそういったすれ違い・誤解で盛り上がってるのを見て、問題がわかってるのであれば解決できそうと思って問題と課題解決を深堀りしてる中でアプリの内容を思いつきました。

知人に子育て中の奥さんがいたので、インタビューと簡単なプロダクトタイプを作って好感触だったので作る価値があると思ってプロジェクトを始動させました。

ヒアリングの結果

このアプリのユーザーは家事・育児をする側と普段しない側に分かれます。

なぜこのような事が起きるのかを調査した結果、

家事・育児をする側の主張としては下記のようなものがありました。
- 言ってもやってくれない
- 言う時間がもったいない

- サボってるように見られたくない

普段育児・家事をしない側の主張は下記です

  • 今困ってるとか知らなかった
  • 言ってくれたやる意思はある
    • しかし具体的なやり方は知らないので教えて欲しい

これらを整理するとコミュニケーションの不足というか心理的安全性の不足と仮説をたてました。

解決の方法としては第三者の介入「アプリのテンプレートにそって伝える」という手段を思いつきました。
これであれば、目的だけのコミュニケーションで済むのでほかの感情の影響を考慮せずに連絡がしやすくなると考えました。

このアプリで解決したかった事

このアプリを使って、普段育児・家事をしない側がするようになるかというとそれは違います。
そういった目的のアプリではありません。

このアプリで解決できるのは相手を信頼し直すというきっかけを作ることを目的としています。
※この信頼というのはあくまで「家事・育児」に大してで、その人自身全体の信頼ではありません。

一度この人に言っても駄目だと思ってしまうと再構築が難しくなるので、「こういうアプリがあるんだけど使ってみていい?」→「いいよ」からスタートする関係構築を目的としています。

リリース後こういった事を解説せずにいたのですが実際にこのように確認を取って使ってるユーザーを何人も確認できました。

技術選定について

開発のStackとしては、「Angular」「Ionic」「Firebase」「Netlify」になります。

これらを選んだ理由は以下になります。

  • Angular
    • 過去にionicとの利用経験が合ったため
  • Ionic
    • Webリリース後、ある程度改善をしたらそのままスマホアプリとしてリリースをしてユーザーを増加させるため
  • Firebase
    • 家事の依頼のリストを更新する際、入力できる人が2名以上いるため、Conflictを起こさないようにするためにリアルタイムに更新できるFirestoreを採用しました。
    • 元々バズってリリースさせたい目的があったため匿名ログインが可能なFirebaseAuthを採用しました
  • Netlify
    • JAMStacの経験で何度も利用が合ったため
    • LP側でお問い合わせフォームを作る必要が合ったため

画面フロー

画面フローは以下のように考えて作っています。

AngularとfirebaseAuthを使えたおかげで、ログインしていないとにアクセスできるところとそうでないところの切り分けがやりやすかったです。

このアプリのUXのこだわりどころ

ただのタスクの共有アプリで設計してしまっては、タスクを押し付けるだけのアプリになってしまいます。
それであれば他のアプリでも可能なので問題解決になりません。

依頼された側が納得しやすいように「今の気分」の入力を必須にしています。

これがあることで、どのくらいの温度感で依頼されてるかが伝わるようにしています。
また依頼したいタスクも優先度をつけていますので、どれをやって欲しいというのがアプリだけを通して伝えることが可能になっています。

特に育児中の方はお子さんを抱きかかえたりしながらの状況が多いので片手で操作が簡単にでき、何も考えずに依頼できることを重視しています。

このあたりの設計はユーザーにフィットしたようでTwiteer内でも多くの方の反響をいただけました。

作った感想

このアプリは自分のUXデザイナ、UIデザイナ、フロントエンドエンジニア、マーケッターとしてのスキルが合ったからこそ作ることができたアプリだと自負しています。

まだクオリティとしてはプロトタイプレベルですが、まだまだ成長させることが可能なのでこれからもチャレンジをしていきます。

他の制作物

制作物一覧へ